マイクロ時計製造の世界に衝撃を与える

[Watch House Clock Culture]レインボーウォッチについて話すとき、「過剰な贅沢」や「真珠」などの説明を思い浮かべます。 批評家は高価な価格を非難し、賞賛者は大胆なスタイルを好むため、関連レビューは通常二極化されています。 一つ確かなことは、それが中立ではないということです。

また、特に虹のグラデーション効果などの完璧なブレンドトーンを作成する場合、アプリケーションには特定の専門知識が必要です。 今年、虹熱がピークに達し、主要な時計製造ブランドオーデマピゲコピーがトレンドを追い、大胆な時計製品を発売しました。