IWC/ポルトギーゼ ヨット・クラブ・クロノグラフ

IIWCが初代ポルトギーゼを世に送り出したのは、今から70年以上も前の1939年のことである。注文したのはふたりのポルトガルの商人である。彼らが所望したのは、当時流行の上品な小ぶりの腕時計ではなく、あくまでも高精度と高い視認性を重視した腕時計だった。ポケットウォッチムーブメントをそれにふさわしいサイズのケースに搭載し、マリンクロノメーターの様式を踏襲したスモールセコンド付きの非常にクリアな文字盤を備えた腕時計は、彼らの要求を見事に満たしていた。だが、当時はまだ時代のほうがこの時計に追いつかず、続く数年間では数百本しか売れなかった。限定モデルが発表された93年や、自社製ムーブメントを搭載したポルトギーゼ・オートマティックがリリースされた2000年になってから、ようやくポルトギーゼは脚光を浴びるようになる。ポルトギーゼ・ファミリーがIWCで最も成功を収めたラインのひとつに成長するまでには、それほど時間は掛からなかった。コレクションは常に拡張され、ミニッツリピーターやトゥールビヨンなどの複雑機構も搭載されるようになった。ケースが大きいという理由だけではなく、ポルトギーゼのエレガントな外観が複雑機構を搭載するのに特にふさわしかったことから、拡充のこうした方向性は理にかなっていたのだろう。

ヨット・クラブは、セーリングをテーマとするコレクションに爽やかな風を送り込むと同時に、当コレクションのスポーティーな性格を強化することにも貢献している。この点において、ポルトギーゼ・コレクションに加わった新型ヨット・クラブは、1967年に発表されたヨット・クラブの遺伝子を受け継いでいると言えるだろう。かの有名なヨット・クラブは当時、IWCで最も成功したモデルのひとつであった。同じようにスポーティーで高額なロレックスのデイトジャストもそうだが、当時はデイト付き自動巻き3針時計の多くがステンレススティール製ブレスレットで着用するものだった。

ヨット・クラブという名称やIWCの自社製自動巻きキャリバーを搭載していること、そして、スポーティーな時計たる矜持以外では、新型ヨット・クラブとそのヴィンテージモデルとの間に共通点はない。いずれにしても、ポルトギーゼは航海というテーマと密接なつながりを持つラインである。したがって、スポーティーなモデルに有名なモデルネームを冠するのは、当然の結果なのだろう。だが、どちらかと言えば、ポルトギーゼ・ラインの他のモデルのほうが、ヨット・クラブのヴィンテージモデルよりも強い結びつきを感じさせる。アラビア数字や針のフォルム、レイルウェイトラックの分目盛り、文字盤外周に配された秒と4分の1秒の目盛りの付いた薄いメタルリングは、ポルトギーゼ・コレクションでよく知られた要素である。