パルミジャーニトンダ1950クラリティダイヤモンドウォッチ

パルミジャーニトンダ1950クラリティウォッチの文字盤は、5つの異なるサイズのラウンドダイヤモンドで装飾されており、各ダイヤモンドのサイズと位置は、スケッチと精度計算のラウンド後に丸められています。最小のダイヤモンドが中央に配置されています。 大きいものはすぐ後ろにあり、小さいものは時間スケールの周りに分布しており、最も完璧で調和のとれた視覚効果を示します。

驚異的な作品として、Tonda 1950 Clarityフルダイヤモンドウォッチは、一見シンプルな構造に隠された微妙なデザインコンセプトを持っています。 考え抜かれたすべてのダイヤモンドは、この壮大で壮大なシーンに欠かせない役割を果たしており、目を混乱させ、文字盤全体をドームのように見せる「トロンプルリル」を生み出しています。 。 文字盤に光が当たると、ダイヤモンドはまぶしくて独特の光を自然に咲かせます。

Tonda 1950 Clarityフルダイヤモンドウォッチの洗練されたエネルギッシュなコンセプトは、パルミジャーニの並外れた創造性の証です。 文字盤を飾るダイヤモンドの総数は620(合計重量2.495カラット)で、ベゼルにセットされたダイヤモンドの総数は84(合計重量0.6460カラット)です。