機械の時計を買って本物かどうか鑑定しますが、どれぐらい知っていますか?

適切な腕時計を選ぶと、人の品位や身分を表すことができますが、多くの腕時計の種類の中では、機械時計のほうが人気があります。腕時計とあまり接触していないあなたにとって、腕時計の真偽をどう確かめるかは難しいです。続いて、機械表の真偽の見分け方を紹介します。
偽造の腕時計は普通は非正常なルートで販売します。綺麗な外観の造型をえさにして、内機は質の悪いプラスチックのムーブメントを採用して、制作の工芸の粗い“粗い馬”のムーブメント、加工の精度が悪くて品質の劣悪なムーブメントを組み立ててててて、国産あるいは輸入の名表に偽って販売して、その時間の誤差は大きくて、使用寿命は短いです。ですから、名表を買うには必ず専門の店や商店街に行きます。
偽造腕時計の鑑定には一定の経験が必要で、一般消費者は腕時計の真偽を見分けるのが難しい。偽の腕時計を買うのを避けるために、消費者は商標をよく認識し、特に特徴のあるブランドの商標を買う必要があります。一部の機種の特徴構造(上のように柄シール装置、カレンダーの日付装置、後カバーの回転構造など)によって真偽を識別することができます。