ロンジンの温情を選んで父の日の時計の意匠の工芸を選んで深い父親の愛を贈った

親は言うことが好きではないが、堅固なことは山のようだ。父の日の到来に際して、スイスの有名な時計メーカーのロンジンは、ブランドの185年の精純製表の伝統を受けて、精製した経典の設計と工芸の腕工芸の腕間の傑作であるロンジンの名匠シリーズ表を選んで、深い父親の愛を贈って、そして時に子供の真摯な配慮と深い愛情を持っています。腕時計スーパーコピーの外観デザインはシンプルで、大人の男性の内収縮とともに、控えめな特質が親のように落ち着いている。
名匠シリーズの経典の優雅な風格を受けて、名匠シリーズの精鋼は腕時計をカウントして、円潤な精製鋼の表殻は精巧で上品な外形を描き出します。銀色の大きな麦の粒の表の上で、青色の鋼の針ははっきりして読む時を示します。焼き入れによって作られた一抹の青は、歳月が沈殿した大人の男のように、堅固で穏やかな魅力を放つ。褐色の皮質の表帯はさらに男の人の雅な魅力を強化します。しなやかで快適な質感は、子供の心の絆のように、父親の腕にぴったり合うように、父親に対する誠実さを黙々と伝える。3時位置には秒針が設けられ、9時の位置には30分のカウントダウンが設けられ、父親が気楽に時間をコントロールすることを助け、余裕のある紳士気質を説明する。
名匠シリーズの精鋼月相は腕時計で、優雅な月相機能と銀色の表盤が得られ、腕間の月相変化で子どもの無間を象徴している。低調の内収束の背後に、ロンジンは185年の精純製表技術を沈殿した。表の金はL 678の自動的なチェーンの機械のコアを搭載して、腕時計のために正確なカウントダウンを提供して、分秒の間の美しい耳で鳴いて、父の互いに依存して誠実に祝福することを訴えます。