伝統に敬意を表します。ロレックスの切利尼双時区腕時計のカタログです。

ロレックスはいつもおなじみのタブメーカーで、定番の腕時計を作っています。「水鬼」や「牡蠣式恒動」などのように、ハードな品質と優れた表現で広く親しまれています。2014年にロレックスは現代の精神で伝統的な時計の古典的なスタイルと永遠の優雅さを強調する切利尼シリーズの腕時計を再設計しました。各タイプは専門技術と精巧な工芸を一身に集めて、ロレックスの伝統的な味わいを十分に表現しています。今年はロレックスのチェリニシリーズに新たなメンバーが加わった。(型番:50525)
ロレックスのチェリニシリーズは12の古典モデルから構成されています。その中の一つは、簡潔で優雅な線、高貴で美しい永遠のバラゴールドの材質及び精緻で豪華な装飾で、厳格な表工芸の法則を明らかに示しています。しかし、イタリアのルネサンス期に尊崇されていた芸術家、金師、教廷彫刻家のBenventot Celniによって命名されたロレックスのチェイニーシリーズの新作腕時計は、昔の素晴らしいデザインに限られていません。古典の根源に立ち返る一方で、現代的な手法で真髄を再演繹し、完璧に調和している。
腕時計全体展示
新スタイルの切利尼シリーズは表の伝統の中で最も精緻で魅力的なところを演繹しています。絶対に気高くて優雅です。ロレックスの専属鋳造工場が製造しています。直径39ミリの古典的な円形デザインはブランドの伝統的なマークであり、繊細な形のシェル耳、つや消しの装飾と円アーチ外輪と三角穴の外輪で構成されたダブル外輪は腕時計をより独特な特色を持たせています。