ロレックスレインボーディ180万、東京の中世で見る価値のあるものは?

前回の記事で日本のデザイナー服ブランドの推奨事項を書いた後、うさぎのファンは急いで駆け出し、私がどんなに忙しくても時計店まで数周歩かなければならないことを知りました。

時間は非常に限られていますが、ウサギは花を見るためにできる限りのことをしますが、深さは言うまでもありません。実際、いくつかの店のコレクションを完全に食べた場合、1日では十分ではありませんが、少なくとも大まかな参考文献を提供できます。 。

実際、ウサギは水深が標準化されていないため、2番目の時計を購入するようにすべての人、特に初心者にアドバイスしていませんが、これは、多くの人が熱いアイテムに焦点を合わせているだけではなく、実際には隅の目立たないことを探求して感謝することを意味しません時間の変遷で、それはあなたの世界を開くことができます。

東京では数日間雨が降っていましたが、私の買い物の心は決して死ぬことはありませんでした。翌日、たまたま東京マラソンに出会ったのはおもしろいし、友達の輪の写真を撮ったところ、いとこが鋭い目で私にビッグ・ブラック・ハウスへのメッセージを残した!実際、その日は雨の中で裸足で走ったランナーに注目しましたが、私はそれに耐えられないほど丈夫で、そのような有名な中世のお店が撮影の地平線に入ったことにも気づきませんでした。