ロレックスのニックネームと公式用語の網羅的なガイド

1930年代から1950年代までのアンティークケーススタイルは、(巻き上げローターを収容するために)湾曲した背面が特徴でした。 一部のモデルは、イタリア語で「国内ドーム」である「Ovettone」というあだ名さえ受けました。

ロレックスがプロのモデル向けに開発したセラミック材料。 この素材は非常に硬く、腐食や傷に強く、色は紫外線の影響を受けません。 Cerachromセラミックワードサークルは、バットマン、コーラサークル、ペプシサークルなど、さまざまな配色を提供します。