東風がボルボオーシャンレースで優勝し、オメガチャンピオンシップで優勝

4つの海、6つの大陸、12のランドマークの開催都市で45,000海里を走行した後、東風チームは2017-18年のボルボオーシャンレース選手権で優勝しました。 イベントの第11ステージは、スウェーデンのヨーテボリで始まり、オランダのハーグで終わりましたが、全体のプロセスはたった700海里で、この主要なイベントの歴史の中で最も短い最後の戦いとなりました。 3日間、3時間、22分、32秒の航海の後、東風チームは最初にフィニッシュラインを越えました。