Appleは、バッテリー寿命を延ばすために、時計付き携帯電話用の新しいバックプレーン技術を開発する可能性

市場調査会社IHS Markitは、将来、AppleはiPhoneおよびApple Watch画面に新しい省エネバックプレーンテクノロジーを採用し、これらのデバイスのバッテリー寿命を延ばす可能性があると述べました。

いわゆる「バックプレーン」は、独立したピクセルをオン/オフする役割を果たします。これにより、画面解像度、リフレッシュレート、および消費電力で重要な役割を果たします。

現在、スマートフォンのOLEDディスプレイは、標準のバックプレーンテクノロジーとしてLTPS TFT(低温ポリシリコン薄膜トランジスタ)を使用しています。 ただし、IHSは、今後数年間で、Appleは将来のiPhoneバックプレーンで低温多結晶酸化物(LTPO TFT)に切り替える可能性があると考えています。

LTPSと比較して、LTPOは理論的には5〜15%の電力を節約して、製品のバッテリー寿命を延ばすことができます。 スクリーンとプロセッサは、電子製品の中で最も電力を消費する2つのコンポーネントです。バッテリー技術に革命がなければ、携帯電話メーカーは、2つの電力消費を削減するために可能な限りあらゆることを行う必要があります。