ノモス、バーゼルワールド2019新作・続報~シンプル&機能美という100年の遺伝子!

20世紀に入り、社会や生産性が急激に近代化されていく中で、まさにその落とし子ともいうべき大量破壊兵器が主役となった第一次世界大戦を経験したヨーロッパ社会は、その価値観を大きく変えつつあった。
19世紀までの貴族的な装飾性に富んだデザインは時代遅れとなりつつあり、近代的工業生産から生まれる量産品が、急増した市民階級の消費ニーズに応える中で、大衆にむけた20世紀ならではのデザインが求められていた。
量産品をベースとしつつも、美しくある存在とは何か?
その答えを見出したのが、敗戦国として最も疲弊し激動の中にあったドイツだったのは皮肉でもあり必然でもあった。
ある無名なドイツのデザイン・スクールが、失望ゆえの変革への待望が蔓延したこの国で、20世紀の近代テクノロジーおよび機械文明をデザインにとりいれるという本質的な冒険に踏み込んだ。1919年、ヴァルター・グロピウスによってワイマールに創設されたバウハウス校(ドイツ語で「建築の家」の意)がそれである。
彼らが行きついたのは「形式よりも機能」、つまり機能を最優先として無駄を省き、使いやすさに特化した時、そこにはおのずと「機能美」という近代の美しさが生まれるという信念を、バウハウス校は決して手放さなかったのである。
その結果、建築、家具、デザインというような基本分野の生活必需品において、大衆も「美」を感じられるような実用性の高い作品が、そこに生み出されていくことになる。後にヒトラーのナチス・ドイツによって閉校に追い込まれるまでの、わずか14年という短い活動期間にもかかわらず、大きなムーブメントとなったバウハウスの概念は、現在のグラフィックデサイン界にも計り知れない影響を与え、第二次大戦後に勃興していく芸術と産業との融合への素地を築いたとも言えるのである。

2019最高級Nランクの パネライスーパーコピー通販です。当店の パネライコピーは、工場直売ですので、御売価格にて高品質な商品を御提供致しております。お問合せは担当 細田。