ランガー月相腕時計は、サクソセン月の研究の注目を集めている。

天文学者で計測師のウィリアム・ゴルト・ヘルフ・ロルマンは、ドレスデンでシステム的な月の観察方法を採用し、1824年にここで彼の最初の地図を発表しました。「月に見える表面地形図」といいます。三年後、ロルマンは「数学物理サロン」(Mathematicas and Physics Salon)のチーフモニターを任命し、その後、新しく設立された技術学院(Technicademy)で主管を務めました。彼もフェルディナンド・アドルフ・ラングの先生の一人です。ロルマンは生涯に25枚の月の地図を描き、38年かけてすべてを発表しました。これらの地図は長年世界で最も周到な月の画像として定評があります。
月が衛星や有人宇宙船で観測や上陸できる前に、研究者や科学者は地球から遠くを眺めるしかない。それでも彼らは、いつか直接月を探査したいと願っています。ウィーン帝国王立天文台(Imperial Royal Observatory)総監のヨセ・ジョン・フォン・リトトロ氏は1834年の『The wonders of the heavens』で、月着陸への意欲を示したが、彼もこのような探検の困難をよく知っている。
月を回る機会があれば、月を深く知ることができますが、私たちの知識で制限されています。私たちは少なくとも未来に、誰かが月を探検したり、上陸したりすることを期待するしかないです。地球と月の距離は他の星より一番近いですが、遠いです。この限りない忍耐力と根気でこの目標のために奮闘できる人がいない限り、私達はやはり家の中に座りましょう。
100年以上後、彼のビジョンが実現しました。1969年7月20日に人類は初めて月に足を踏み入れました。その後数年間で10人の宇宙飛行士も続々と月に上陸しました。彼らの探検旅行は鉱物のサンプルを持ち帰って、科学者に月が隕石の起源であることを確認させます。世界最大の月の隕石サンプルが1998年にリビアで発見され、重さは1500グラムに達しました。この隕石の破片の一つは重さが約45グラムで、サクソセンフラペガーの「土地鉱物」シリーズに展示されています。