Appleは、より多くのApple Watchコントロールジェスチャのロックを解除しようとします

Apple Apple Watchには、将来「手首上げ」に似たジェスチャーが増える可能性があります。 Appleはウェアラブルデバイスと対話するためのハンズフリーの方法を探求したと報告されています。昨年、AppleはwatchOS 5に一連の機能改善を導入しました。たとえば、手首を上げてSiriを起動します。ユーザーが手首を上げてApple Watchと話すとき、「Hey Siri」と言う必要はありません。このジェスチャーは自動的にSiriに指示を与えると見なされます。

米国特許商標庁は先週、「物理的な動きによる電子機器との相互作用」というAppleの特許出願を発表しました。手首を傾けるなど、より正確な方法でApple Watchを制御する方法について説明します。

特許関連の説明では、この操作の原理はラビリンスの球技に似ています。ディスプレイ画面上の目に見えないm字形またはn字形の迷路に内蔵インジケータがあります。ボールポインタはさまざまな位置に移動できます。ボールポインタが異なる「チャネル」に入ると、プリセットコマンドがトリガーされ、関連するアクションプログラムが実行されます。

Apple Watchには傾斜センサーと加速度計があるため、watchOSのソフトウェアで変更するだけで済みます。現在、AppleはApple Watchの「より多くの姿勢を解き放つ」ことに取り組んでいるようです。