パテックフィリップを徹底解説。なぜ人はカラトラバやノーチラスに魅入られるか

最近「上がり時計ロレックススーパーコピー」という言葉を、時計関連のメディアでとみに目にするようになりました。上がり時計とは「人生の最後に買う時計」「一生の相棒として買い替える予定の無い時計」などの意味を持ちます。言ってみれば「極地」ですね。
その上がり時計に、時計業界の大御所や専門家、バイヤーなど人にはよれど、必ず話題となるブランド。それが、パテックフィリップです。

パテックフィリップは、言わずと知れた世界最高峰の時計メーカーです。その座は長らくどのブランドにも明け渡してきていません。

では、なぜパテックフィリップは圧倒的なまでにナンバーワンなのでしょうか。
なぜパテックフィリップは、多くの時計好きにとって極地的存在なのでしょうか。

この記事では、そんなパテックフィリップについて、歴史や魅力、資産価値・価格などを徹底解説するとともに、ノーチラスやカラトラバにアクアノートなど、パテックフィリップを支える人気モデルの魅力を語ります。